頭痛でお悩みのあなたへ】29 私なりの仮眠の取り方

三万人の私のブログ読者の皆様!(本当は三人ぐらいかも。。。)

更新が遅くなった事をお詫び申し上げます。

前回書いた仮眠についてあくまで私なりのやり方を書いていこうと思います。

もう情報が溢れてますから詳しくは書きませんが、世界一流のアスリート、

ビジネスマンが積極的に取り入れている仮眠。仮眠の素晴らしさをぜひ。

1・まずはじめに私は10分刻みで自分の身体に合う時間を探りました。

最初の一週間は10分、次は20分、次は、、、。

って感じに最大60分まで試しました。(我々の業界は昼休みが長いのです。)

時間は大切で、寝起きがすごくだるいなら寝すぎサインですから、そこを見極めるために合う時間を見つけましょう。

私は大体30分がベストタイムです。

2・昼ご飯の食べる量です。ついつい食べ過ぎてしまうのが昼。

食べ過ぎてしまうと消化に苦しんで質のいい仮眠はほぼ無理です。

昼は私は腹6分。基本分食派なのであまり食べ過ぎる事がないので昼は少なくてもOKです。

仮眠前は7~8分がベストかと思います。

3・寝る環境。快適な温度設定が大切。あまりに暑い・寒いは不快。

起きた時に汗や寝冷えは体調崩しますから、起きた時不快さがなければOKです。

私は夏でも冬でもタオルケット一枚あればOKってな感じで自分なりの基準にしております。

4・仮眠前の洗顔・歯磨き・靴下交換

仮眠前に気持ちをリフレッシュさせるという点でこの3つは私なりに必要です。

顔は冷水ではなくぬるま湯で軽く、歯磨きは食事前で食後は軽くゆすいで、靴下を交換。

足元は汗をかきますからそこから冷えたりもしますから。

靴下交換おすすめです。

以上のような事を意識・継続しながら私は仮眠をほぼ毎日取って、回復していったのです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

次回は3月中に更新します。

 

 

 

 

 

電話:0246-84-5746
   070-3887-2049


【休診日】

月曜日・日曜日・祝日


※日曜は隔週11:00〜19:00(休憩なし)但し、セミナー等で変更になることがあります
※2 祝日は場合により診療します

※施術中で電話をお受けできない場合は、折り返しご連絡いたします。
※事前連絡のない遅刻・キャンセルの場合にはキャンペーン料金は適用されません。
※時間や予約の変更を希望される場合には必ずお知らせください。

LINE予約できます

友だち追加

024-684-5746